おおさか大学起業支援機構ロゴ
HOME 組織 事業概要 活動内容 会員専用ページ 事務局
事業概要イメージ
HOME > 事業概要 > 事業計画(平成16年度版)
事業内容
事業計画
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
事業内容
事業の実施方針
大阪大学の各組織との連携を強力に進め、各研究プロジェクトの成果を早期企業化実現のために担当教官と積極的に対応する。---年間目標5・6社設立
大学生、教官、大学関係者の起業化思考を高揚するため、起業家セミナーを実施する。
産学連携推進のため交流会を実施する。
大阪大学OBの経済人と大学教員の交流を通じて、産学連携推進のため交流会を実施する。
機関誌の発刊---年間2回
起業支援活動の体制を充実するため、大阪大学の同窓会OBの持つ高い知識と豊富な経験を活かせる人材を募集して、起業するための経営者(CEO)、専門家(弁護士、弁理士,会計士、税理士)を登録して必要な時に対応する。---ホームページ、同窓会誌に掲載して募集する。
起業に関する問い合わせに対応するため、ホームページに随時相談窓口を開設する。
活動資金確保のため、会員増員策を講じる。大阪大学各学部の同窓会OBおよび起業支援により設立した会社などを勧誘する。
起業家教育
大学関係者の起業または新規事業開拓支援事業大学の学生、教官等の研究成果から企業化可能なシーズを開拓して、事業化を推進する。
産学の連携支援事業
1.公認会計士を派遣して、プロジェクトの研究成果の順調な事業化促進を支援する。
2.阪大イノベーションファンドおよび阪大フロンティア研究機構ビジネススタートアッ プに対して支援する。
3.講演会及び交流会の実施
起業家支援
1.起業しようとする者又は起業家の問題点解決の指導を会員内の会計士、弁理士、弁護士、税理士等による各種相談の支援をする。
2.経営者の紹介
3.起業家セミナーの実施

このページの先頭へ